チンポ平均

Image Replacement

チンポ平均関連ページ チンポに過負荷を与えると

人間の体は、過負荷を与えると強化され大きくなります=チンポも同じ!

人間の体は、外部から負荷を与えると「以前よりもっと強くなろう」という本能的な性質が備わっています。よく骨折した場合の例が取り上げられますが、骨折すると折れた骨は治癒能力が働き自然に修復されて元に戻ります。また骨折した部位は以前より「もっと強くなる」といわれています。

また筋肉で例えるならば、スポーツや筋力トレーニング、肉体労働で筋肉に過度な負荷をかけると、筋肉は以前より「強く大きく強化」されます。これらは筋肉細胞が、過度な負荷により「破壊」され「以前よりもっと強くなろう」という人体の性質や本能の働きによって起こる現象なのです。これはまさに「筋トレ」のルーツでもあり原理でもあるのです。

チンポの話しに戻りますが、チンポも体の一部分ですから、筋トレと考え方や原理は同じです。チンポは引っ張っることで伸ばされ拡大しますが、同時にチンポトレーニング時の適度な過負荷によりチンポの細胞は「小破壊」されます。体は「小破壊を修復しよう」「以前よりもっと強くなろう」という能力によって、チンポはより強く強化され大きくなるのです。これがチンポを増大増強させる為の基本原理です。

また「以前よりもっと強くなろう」という自然治癒能力は、トレーニング中に起こるのではなく、安静時や睡眠時などの「休息中」に起こります。つまり痛めつけられたチンポをしっかり大きくするためには休息と睡眠がとても大切です。連続トレーニングによって過負荷を与え続けるようなオーバートレーニングは避けて、チンポの修復時間を与える為に「休息日」は必ず設定して、チンポを休ませる時間をつくって下さい。


追記しておきますが、「過負荷を掛ける」と言っても、強い負荷を与えてしまっては修復が追いつかなくなるばかりか怪我の原因にもなりますからチンポに掛ける負荷の強弱には十分注意して下さい。チンポトレーニング時のチンポに掛ける負荷は、強過ぎず、弱過ぎずです。的を絞れない抽象的な言い方になりますが、強すぎる負荷はチンポの修復を遅らせますし、弱い負荷ではチンポに適度な小破壊が起きずチンポはあまり大きく成長しません。チンポを増大させる為に最大限の効果を上げる負荷は「適度な強い負荷」という部分を覚えておきましょう。「適度な強い負荷」と言っても人それぞれ適度の度合いは違いますが、目安としては「痛まない程度の強い負荷」と表現しておきます。チンポトレーニングを3日程実施すると自分に適した負荷度合いというものは感覚で判断が付くようになります。