チンポ平均

Image Replacement

チンポ平均関連ページ 太さミルキング手法

チンポの太さを増大させるミルキング手法

チンポを大きくするといっても、ただ長いだけのチンポでは格好が悪いものです。チンポは長さもしかり、太さも亀頭の大きさもしかりですから「太くたくましい大きなチンポ」が理想です。ここでは存在感のあるチンポに成長させる為にミルキング手法を使ったトレーニングをご説明していきます。

このトレーニングは、茎も亀頭も全体的に太くなっていくトレーニングです。太さトレーニングは「血流を横方向へ移動させて細胞を拡げる」イメージで行うと良いでしょう。このトレーニングでは約1ヶ月で横幅3ミリ、半年で5ミリ以上太くなる人がいらっしゃる結果が出たトレーニングです。地道に正しいトレーニングを継続すれば、ほとんどの方は数ヶ月以内に3ミリ程度は太くなると言います。

「半勃起太さトレーニング」
まずこのチンポトレーニングは「半勃起状態」で行うことが基本型となります。
長さトレーニング同様にミルキング手法を使いますので、潤滑剤は良くチンポに塗っておいて下さい。チンポは先に説明した「完全勃起状態」でミルキングを行うと、主に「長さの増大」に効果が出てしまいます。これはチンポ内部が100%の血液で満たされている状態の為、完全勃起状態のチンポでは血液の行き場が無くなり、指を動かしている前後方向にしか力が働かない為です。それに対し「半勃起」状態のチンポは、血液が横方向にも作用します。つまり血液が側面方向にも流動してチンポの細胞を拡大してくれるのです。チンポの太さを増大させるトレーニングでは、この横方向への血流移動を有効に利用して、チンポを太くデザインし、存在感のあるズッシリチンポに拡大成長させていきます。

まず椅子に座りチンポを完全勃起の50〜70%程度まで半勃起状態にします。
半勃起状態は人によっては難しいかもしれませんので、半勃起状態が最初から作れない方は、一度完全勃起状態のチンポにしてから、チンポが萎えて縮小するのを待った方がやりやすいかも知れません。はじめにチンポ全体に潤滑剤を塗ります。

半勃起状態のチンポになりましたら、どちらの手でも良いので親指と人差し指でOKサインの輪を作りチンポの根元をきつく締め付けます。このとき痛みを感じるほど締め付ける必要性はありませんが、出来る限りの範囲できつく締め付けます。このきつく締め付ける行為は、血液がチンポ内部から体内に戻らないようにする為でしてチンポが柔らかくなるのを防止する理由があります。

もう片方の指でもOKサインを作り、チンポ付け根のより圧力を加えながら亀頭方向へストロークさせます。血液がチンポの横方向に拡がりながら亀頭方向に移動していく感覚が感じられると思います。ストロークした指が亀頭の部分に差し掛かったら、一度力を緩めてチンポの付け根位置まで戻し、また同じように亀頭方向へストロークを繰り返してください。亀頭までのストローク時間の目安は1〜2秒かけてゆっくりで良いでしょう。血液がチンポの横方向へ広がりながら移動していく血流を感じながら、チンポの細胞を拡大するイメージでしっかりストロークします。この太さミルキング手法を、約5〜10分間繰り返します。このとき付け根の指は固く締め付けた状態を維持しえおきます。


トレーニング後は必ずクールダウンマッサージを行って、チンポの血流と血液量を整えてあげて下さい。